就活解禁から約1か月以上が経ちました。もう既に面接などの次の選考へと駒を進めている方も多いのではないのでしょうか?

 

そこで突然ですが、皆さんに質問です。あなたの志望動機では「自分らしさ・あなたにしかないもの」が伝えられていますか?

面接官は1日に数十人の就活生と対面します。その中で他の就活生と似たような強みやエピソードでは強い印象を残すことができません。

今回のtsunaALUMNIでは、先日行われたtsunagaru就活主催「表現力アップ講座」にインターン生・明山が独占潜入!その取材内容をもとに人事に目に留まる「自分らしさ」を伝えるための方法を徹底解剖していきます☆


突然ですが、上の画像をパッと見て皆さんはどう思いましたか??

 

なんかいろいろ書いてあるけど、ぼやけていてどれも同じに見える」、「アピールの仕方がどれも似たり寄ったりで、具体的な違いが分かりにくい」と、こんな風に感じませんか??そうなんです!確かに、1つひとつをトリミングすればそれぞれの特長が見えてくるのかもしれません。しかし、こうもたくさん並んでしまうと紋切り型のメッセージでは製品の良さを十分に訴求できていないことがよく分かりますよね。

 

就活とは無関係に思える冷蔵庫売り場でのこの一枚。実は、同じことが面接会場でも起こっているのです。

― 強みはレアであれ、具体的であれ。

 ここで状況を整理するために、売り場を見に来た客を面接官店頭に並ぶ冷蔵庫を就活生に置き換えてみましょう。

どの就活生も「強みは〇〇〇です/△△△です」とよくある自己PR を口にし、エピソードも似たようなものばかり。それでは1日何十人もの就活生に会う面接官にあなたの名前はおろか、印象すら残すことができません。

 

 就活は常に相対評価。限られた枠をめぐって他の就活生とのPR競争に勝たなければなりません

だからこそ、あなた"だけ"のレアな強みをなるべく具体的なエピソードを交えてアピールする必要があるのです。


 ところで皆さんは、「あなたの強みは何ですか?」

面接でこう問われて、どう答えていますか?

行動力

効率化

計画性

コミュニケーション力

この4つのどれかに関することを答えているのではないでしょうか? 実はこれら、人事が聞き飽きてしまっている強みワードTOP4です。

 

確かにどれも非常に重要な力ではありますが、多くの就活生が使うフレーズであるが故に、それだけ相対評価で競うライバルが増えてしまうことになります。また、一口にコミュニケーション力といっても話し手に回るのが得意なのか、聞き手に徹して話をまとめるのが得意なのかなどの違いがあるように具体的な”あなた”をイメージしづらい点も難点です。

このようにこれらの4つの強みは便利な言葉である反面、その使いやすさから抽象的で他の就活生とかぶりやすくなってしまう傾向があるのです。

― キラキラすればいいってもんじゃない。

 では、どんな強みなら面接官の目に留まるのか。 新たに「一貫性」と「2乗の法則」という言葉を用いて解説していきます。

 

  エピソードは自分を語る上で欠かせないものです。強みをアピールするために「役職に就いて学祭を成功させた」、「ゼミ長としてコンテスト優勝に貢献した」など学生時代の輝かしいエピソードであなたの全力を伝えたいところですよね。


 ただ、そのキラキラエピソードこそアピールに失敗する落とし穴となることもあるのです。というのも面接で強みが問われるのは「入社後にあなたがどんな成果を挙げてくれそうか」を確認するためです。そのため面接官にとって重要なのは、どんなことに対してもその強みを発揮できそうかの一貫性です

キラキラした場面でのあなたの努力も、普段のあなたの頑張りもどちらもあなた自身によるものではありますが、一貫性という点から見るとたった1つのキラキラしたエピソードから自分の強みを定義するよりも、伝えたいメッセージを補強するために普通のエピソードでも2つ、3つ例を挙げて話せることの方がずっとあなたの入社後をイメージさせやすいのです。面接ではメッセージがKing、エピソードはQueen。双方があってこそ強みは立派なものになりますが、まずは伝えたいメッセージ(強み)を確定させてからエピソードを膨らませていくことが成功への第一歩です。

― 1 /40^2

 では、本題のあなた”だけ”の「自分らしい」強みの見つけ方に話を移します。

先程、就活は相対評価であると言いました。例えば、ある企業が人事会議でその年に10人の新卒採用を行うこと決めたとしましょう。すると、その枠に超優秀な人材がたくさん集まろうと、そうでなかろうとこの10枠は増減することはありません。したがって、面接官が見極めたいのはあなたとその周りにいるライバルたちのどちらが優れているのかということになります。

 しかし面接を受ける側の皆さんからすれば、ライバルたちより優れている強みを明確にイメージができないのは当然だと思います。そこで数値的なデータをヒントにしてみましょう。有名な就活情報誌の統計データによると人気のある大手企業の選考倍率はだいたい約1000倍以上。つまり、単純に言えば1000人に1人の人材であれば大抵の企業から内定をもらうことができるということです。1000人に1人の強み。。。そうは言っても、まだイメージしづらいですよね。

 

そこで登場するのが「2乗の法則」という考え方です。1000人に1人からぐ―っとハードルを下げて、学校のクラス40人の中で1番になれるくらいの強みつ思い浮かべてつけてみてください。すると、あなたは今思い浮かべた「〇〇〇」と「△△△」という強みを持つ 1/1600(=40[人]の2乗) の人材になれるのです。こうなるとどうでしょう、非現実的だった1000人に1人という数字を身近なものに感じることができませんか??

ライバルより優れた自分らしい強みをみつけるには、漫然と当てはめようとするのではなくこのようにライバルを明確に意識化することが重要です。

 こうしてあなたらしい強みにそれぞれ2~3つのエピソードを用意して面接に臨めば、内容面ではまず優秀層に入るでしょう。

特別ワーク

面接官になろう

 当日、会場では参加者が就活生役と面接官役に分かれて実際の面接さながらの実践ワークを行いました。

 

開催時はまだ3月ということもあって緊張や練習不足を実感した就活生が多かったようですが、本番に向けてたくさんの気づきや改善点を発見できたことでしょう。実施後にミニインタビューをしてみると、意外にも就活生役の時よりも面接官役としてワークをした方が学びが多かったとのことで、その経験を今後に活かしたいとの声がたくさん上がっていました。

 

ここでは参加者たちの面接官としての気づきを紹介しながら、就活生の一挙手一投足は面接官からどう見えているのか、どう思われているのかをチェックしていきます☆


よく上がった声その①

・何を言いたいのか分からない

「結論から話せ」とよく言われるように、オチの見えない話は聞いていてもつながりがつかみにくいもの。緊張していると話が冗長して、あらぬ方向へ話題が進んでしまいがち。問いに対しては端的に答えることを心がけましょう。

よく上がった声その②

・話が矛盾している

次に言うことを考えるために話を伸ばしていると意図しない言葉が飛び出してしまうもの。追及されていくと適当に言った部分はすぐに気づかれます。強みと同様に話す内容も一貫性を意識しながら正直に答えることが重要です。


よく上がった声その③

・姿勢や目線の動きが目に付く

五感の中で視覚が占める情報量は8割近くと言われています。特に対面で座ることの多い面接では、相手の動きは想像以上に目に付きます。虚を突かれた質問に身じろぎしていると何とも自信がなさそうに見えてしまいます。

よく上がった声その④

・内容が印象に残らない

面接官は自社に合う人材かどうか評価をしながら質問をしています。そのため、話を聞いてはいるものの内容はキーワード以外は聞き漏らしてしまうことも...。伝えたいことは何度も繰り返すなど印象づける工夫も必要かも。


 

以上のように参加者たちが面接官役に不慣れという点を差し引いても、やはり面接官に言いたいことを正確に伝えるというのは難しいことのようです。加えて、本物の選考では面接官は1日に1人2人を相手にするわけではありません。普通にやるだけでは選ばれることはおろか、印象を残すことすらできないのです。だからこそ、

 

何が言いたいのか分からない

→まずは結論から端的に話をまとめる

話が矛盾している

→追及されても、ブレない一貫性が重要

姿勢や目線の動きが目に付く

→逆に手を使うなど意識を集めながら話す納得感がある

内容が印象に残らない

→中心となるメッセージは繰り返す

 

といった参加者が感じた課題点を我がこととして改善していきましょう。ES対策などで話す内容がある程度頭の中でイメージできていても、実際に話せるかは別もの。何度も面接練習をしながら精度を高めていくのが上達への近道です。


◎編集後記

 今回は内定者のALUMNIではなく、現在就活真っただ中の現役tsunaALUMNIにスポットを当てた企画でした。今後、皆さんが内定をゲットして就活が終わった後もtsunagaru就活は皆さんとずっとつながっていたいと思っています。

 今年度tsunaALUMNIに協力してくれた先輩たちのように20卒の後輩たちの就活を一緒にサポートしてくださるtsunaALUMNIの輪がさらに広がっていくことを願って、tsuna就からお知らせです!!

↓ ↓ ↓

詳細は4月中旬~末ごろにリリース予定です。ご協力お願いします☆☆☆


Twitter フォロワー1000人プロジェクト

1000人まで残り(4/13現在)

71

0|||||||||||1000

達成まであと少し。。フォローお願いします!!

 

フォロワー限定特典

 就活生の大敵・ES、WEBテスト、面接をクリアするための特設ページを公開中!!

<How to Browse>

1. リンクからtsunagaru就活(公式)(@tsunashu2019)へ

2.フォローボタンを押す(⇦ココ重要)

3.固定ツイートリンクより特設ページへ


会員登録&Twitterフォローをして、

tsuna就のイベント情報をいち早くゲットしましょう!

 

会員登録者には、先行お知らせ特典有

Twitterフォロワーには、参加枠の空き状況をリアルタイムでお知らせ