いよいよ始まった、19卒生就活応援新企画『tsunaALUMNI』。

記念すべき第1回目のALUMNIは、株式会社マキシマイズ代表取締役兼『tsunagaru就活』学生サポートチームリーダー、三浦力(みうらちから)さんです。

 tsuna就の誕生秘話から最近の就活事情まで熱く語っていただきました。


―「tsuna就」誕生秘話

明山:

 早速ですが、三浦さんは「tsunagaru就活」というプロジェクトを創設し、運営なさっていますよね。どうしてこのような就活プロジェクトを立ち上げようと思ったんですか?

 

三浦さん:

 本当にいきなりだね。(笑)まず、これまでの就活って、業界や企業、自己分析などそれぞれをバラバラに研究していくのが一般的だったんだ。でも、それって本やWebで見たままの表面的な情報を集めただけの、断片的な理解になってしまいやすい。これでは内定を目指す就活生にとっても、採用する側の企業にとってもマッチングの観点からマイナスだと思ったんだよね。


 

 そこで「tsunagaru就活」を始めたんだ。tsuna就ではその名前の通り、志望する産業→職種→企業の順で”つながり”を理解するところから研究を始めるんだ。小さなカテゴリーごとではなく、産業という業界の一番大きなフレームから徐々に理解していくことによって、志望企業がどんな事業をしていて、なぜその業界の中でニーズがあり、生き残ることができているのかなどのより深い理解が容易になる。

 

 そうして、バッチリ研究することができた就活生は次に、自分との"つながり"を考えてみる。すると「今まではAの業種がいいと思っていたけど、よくよく研究してみたらBの業種の方が自分に合ってそうだな」と自分に一番合った業種や企業を見つけることができ、さらに企業も「ここまで業界を深く理解した上でウチを志望しているならば、まずマッチングの面では問題ないな」と安心して選考を通過させることができるんだ。

 

明:大きなフレームから、、、!確かに、テスト勉強も1つずつの事柄を暗記したり、理解するよりも、まずは基本の型や流れを覚えてからそれに関連付けていった方が、効率がいいですもんね。

 

三:まあ、大枠はそうだね。就活も膨大な情報をいかに自分のものにできたかで、他の就活生と大きな差が付くんだ。

事実、tsuna就メソッドを実践した就活生は、毎年協力企業の人事担当から業界や職種においての理解が深いと高評価を受けているよ。

 

明:へえ~!研究の仕方の工夫ひとつでアピールできちゃうんですね。

しかも、マッチングがうまくできてから入社しているから、後に「自分がやりたいのはこんな仕事じゃなかった」とミスマッチで悩むリスクも低くなりますね。

ー知らなかった!自己分析の落とし穴。それってもしかしてNG就活かも?


三:ところで、就活をスタートするにあたって明山くんだったら一番最初に何から手を付ける?

 

明:うーん、、。やはり自己分析ですかね。よくテレビや本などで性格診断のような自己分析の方法がクローズアップされていますし。それにまず、「自分がどんな人間なのか」、「どんな性格なのか」分かっていないと業界や企業にアプローチしていくには早いかなと思って、、。

 

三:そうか~。確かに、自分のことを知るのは重要なことだよね。でも、自己分析には意外な落とし穴があるんだ。

明:落とし穴ですか?! 


 

三:このグラフを見てごらん。これはtsuna就協力企業の人事担当に「就活生の実態調査」をした結果だよ。これを見て分かるように人事は「自己分析」よりも「業界・職種研究」や「企業研究」の方が多くの就活生に不足していると答えているんだ。

 

こうなった原因は、さっきから話題にあがっている自己分析偏重型の就活にあるんだ。多くの就活生は、自己PRのための自己分析に長い時間を費やした結果、肝心の業界や企業研究などが手薄になってしまっているんだ。


明:それなら、自己分析ってどのようにやるのがいいんですか?

 

三:まずは、自己分析の意義を再確認することが必要だね。自己分析って何のためにすると思う?

 

明:ESの自己PR欄や面接で「私は~な強みがあり、○○○なことができます。」と自分をアピールするためだと思います。

 

三:そう!だけどその自己アピールこそ人事に研究が不足していると思われてしまう原因の一つかもしれない。人事が自己PRや志望動機で見ているポイントは、君自身が「何ができるか」というより「~ができるから、会社にとってどのようなメリットを与えることができるか」なんだ。

 

 例えば、「私は、論理的に物事を考えられるのが強みです」と自己PR したとしよう。しかしその企業は、「創造性のあるアイデアや提案ができる社員がほしい」と思っている。すると、「この人はウチの求めるタイプとは違うな、ちゃんと企業研究してきたのだろうか?」と疑問に思われてしまう。実際には、ここまでズレていなかったとしても相手は数多の就活生を見ているプロ。ツメの甘さはすぐにばれてしまう。

 そこで、またもやtsuna就メソッド。産業や職種、企業について研究しながら、「こうゆうところは自分に合ってて、面白そうだな」という自分とのつながりを見つけ、「共感」ポイントを整理しておく。その共感ポイントのもとになるエピソードを加えて、「だから、御社に貢献できます」と添えれば、立派な自己PR の完成。

 いくつもある「自分の強み」をただ羅列していくよりも、この共感貢献を軸に自己分析をやった方が簡単かつ端的に強みをアピールできるよ!

 

明:事前に職種のつながりを理解しているからこそ実際に働くイメージが深く、共感ポイントと貢献ポイントをしっかり結びつけることができるんですね。まさか、自己分析もつながりから理解していくのが有効だとは思いませんでした!勉強になりました。

 


 ところで三浦さん、そんな「tsunagaru就活」プロジェクトでは、毎年このtsuna就メソッドを実践できる様々な企画を用意しているんですよね!!

 

三:なんか、いきなり宣伝っぽいね。(笑)

 そう、「tsunagaru就活」では今回紹介した方法論も含め、皆さんの就活を1ランクアップさせる企画を毎年開催しています。今年からは、定番の業界だけでなく、医薬業界の企画も開催します。詳細はこちらのwebページにて。

 特に、食品業界と医薬業界ではインターンや産業理解イベントといった好評企画を実施しますので気軽に参加してみてください。

また、メルマガ登録者にはそんな魅力がたくさん詰まったtsuna就企画の優先参加枠を設けることもあります。そのほか特典も多くあるので、興味のある方は是非メルマガ登録&twitterフォローお願いします!!☟☟☟☟☟



三浦 力(みうら ちから)

 

 株式会社マキシマイズ代表取締役社長兼tsuna就学生サポートチームリーダー

 

株式会社ジェイ・ブロードを退職後、現在の会社を立ち上げ、「tsunagaru就活」プロジェクトを運営する。

毎年40以上の大学の就活生に向けて就職支援の産業理解ガイダンスをおこない、多くの就活生のコンサルティングも務める。

「就職ウォーカー」元編集長