株式会社マルイチ産商
(三菱商事グループ)

<卸>

ー 企業理解1:事業内容 ー

 『メーカー型卸』として、価値ある商品に光を!

 

 

私たちの仕事は、ただ商品を横流しにする卸売ではありません。美味しく価値の高いものなのに、まだ日の目を見ていない――そんな商品を消費者に知っていただき、良さを広めていく商品開発型の卸、『メーカー型卸』を目指しています。

 

商品を開発するためには、もちろん当社が培ってきたノウハウが必須。ですが、それだけでは成り立ちません。大切なのは、「この商品の良さを知って欲しい!」という社員一人ひとりの想い。そのふたつを武器に、産地やメーカーと連携して、開発した商品を消費者の元に届けています。


『Go Local!』 日本の食文化を支えるやりがいがここに。

 

 

 設立60年以上の歴史と実績を持つ、株式会社マルイチ産商。

生鮮・冷凍・加工食品~惣菜までの食料品をフルラインナップで扱う、全国的にも希少な「総合食品卸売業」として、日々さまざまな業務を手がけています。そんな私たちが大切にしているのは、日本の産地・食文化と向き合うこと。日本各地には、長い歴史の中で培われ、愛されてきた特有の食文化があります。

 

マルイチ産商の社員は、日本各地の産地に入り込み、自分で見つけたこだわりの商品、魅力のある商品を消費者へ届けます。産地・生産者と連携し、新たな美味しさを創造して食卓へ届ける。それがマルイチ産商の使命です。  


当社の強みは、鮮魚の圧倒的な集荷力と販売力!

 

 

食料品をフルラインナップで扱う当社ですが、扱い商品の中でも生鮮魚に特に強みを持っています。長野県という海がない地に本社を置きながら、全国の漁港・産地と連携し、生鮮魚の取り扱いは国内トップクラス。「長野の人々に新鮮で美味しい魚をお届けしたい!」当社はその想いで創業し、今では日本全国に向けて商品を販売しています。その原動力は、挑戦力ならぬ『挑鮮力』。常に自分自身の鮮度を問い、新しいことに挑み続ける――それこそが当社のあり方です。


ー 企業理解2:仕事理解 <つながり図> ー

※実際に働くときに、どの職種がどの会社と関わるのかがわかります。

※クリックして画像拡大
※クリックして画像拡大

ー 企業理解3:社風・風土 ー

◆風土マッチング(評価編)※社内で評価される仕事ぶりや行動タイプ

 

食品流通の中間を担う食品卸は、川上・川下どちらの環境変化にも対応する変化対応力が求められます。消費者のニーズが多様化している今の時代だからこそ、常にアンテナを高く張り、既成概念にとらわれることなく、挑戦していくことに意味があると考えています。

◆風土マッチング(求める人物像編)

◯ 『挑鮮力』 ~常に新しい事に挑み続ける力~ を持っている人

 

山国の魚屋として創業した当社が、現在ではお菓子やスイーツのオリジナル商品を生み出す「メーカー型卸」に変化してきました。

その原動力は、常に変化を求め、革新を目指すマルイチの「挑鮮力」。商品だけでなく、自分自身の意識や発想の鮮度を保ちながら、既成概念に挑む力です。当社の目指す「挑鮮力」に共感し、自分自身の鮮度に挑戦できる仲間を求めています。

✖️食べることが嫌いな人

 

ー 企業情報詳細 ー

 株式会社マルイチ産商(三菱商事グループ)

(本社)〒381-2281
    長野県長野市市場3番地48

売上高:1,888億8,100万円(平成29年3月期)

社員数:564名(平成29年3月31日現在)

採用予定数:25~30名