株式会社ジェーソン

<小売>

ー 企業理解1:事業内容 ー

企業理念の「お客様の生活を守り育てる」を実行する為

首都圏500店舗を早期に目指す

 

 

【首都圏500店舗」を早期に実現する

1、儲ける仕組み(店舗マネジメント)作りを進化、発展させる

2、同一作業同一賃金化を進める

3、首都圏空白県=神奈川の出店を進める

・東京都下「物流拠点」の新設

・自社物流の可能性を探る為、トラック・ドライバー確保で実証実験スタート

 


 エブリディロウプライス(EDLP)を基本に

商圏内のお客様全てに公平な営業をしている

 

 

【1年中低価格で販売をする】

従来型のチラシ集客による「ハイ&ロウ」施策をしない事で全てのお客様に平等に販売します。

売れる事と儲かる事は、違います。

利益の出ない日替わり商品は、一部のお客様だけのもので地域社会に貢献とはいいがたいのです。

だからこその「EDLP」です 企業としてその地域に根ざす為に「お客様最優先に特化します」。

 


 「サービス残業0」「年間休日113日」完全消化

 

 

高効率小売業を目指す当社は、「時間管理の徹底」「作業の効率化」で生産性を挙げることを

日々の改善としています。

 

評価の仕組みも「完全実力主義」で年齢・学歴・国籍・性別不問で評価しています。


ー 企業理解2:仕事理解 <つながり図> ー

※実際に働くときに、どの職種がどの会社と関わるのかがわかります。

※クリックして画像拡大
※クリックして画像拡大

ー 企業理解3:社風・風土 ー

◆風土マッチング(評価編)※社内で評価される仕事ぶりや行動タイプ

当社のビジネスモデル「バラエティストア」は必要最低人員で運用が基本

パートさんアルバイトさんの戦力化が基本です。

店舗作業を標準化し、誰でも同じ作業が出来る事を理想としています。

社員は、調和と連帯感で人のマネジメントが必要です。

小売業は「生産性」が低い業界です。その中から改善項目を見つける事も仕事の一つです。

小売業の醍醐味は「店舗マネジメント」をして利益を生み出し、お客様に喜ばれる商売をする事です。

 

 

◆風土マッチング(求める人物像編)

◯ ムリムラムダを省く事が好きな人

◯ 公平な「完全実力主義」で自分自身の能力を高める事が好きな人

「公私の区別」をはっきりとさせ、自分の人生を充実させたい人

 

人生の幸せは「選択肢の多い人生」という、当社の太田社長。

選択肢とは「趣味」の事で、「質&量」が重要です。

その趣味を充実させる為には、公私の区別をしっかりする事です。

そのために、「サービス残業0」「入社後数年は残業も0」です

 

ー 企業情報詳細 ー

 

株式会社ジェーソン

(本社)〒270-0921

    千葉県柏市大津ヶ丘2-8-5

売上高:233億2,500万円 経常利益7億300万円(2017年2月期)

社員数:189名

採用予定数:30名