株式会社クラウン・パッケージ

<インフラ>

ー 企業理解1:事業内容 ー

明日のパッケージ文化の創造を通して、社会に貢献する

 

クラウン・パッケージは、この企業理念のもとにパッケージ文化の創造に限りない情熱を注いでいます。

 

豊かな自然の恵みにより生まれ、優れた技術でリサイクルされる段ボール素材。

その段ボールをパッケージに利用することは環境と社会との調和をはかり、共存共栄を進めていくことに他なりません。

 

当社は環境問題の中でも早急に対応すべき「ゴミ問題」の解決に向けて「高付加価値製品の開発、生産」に取り組んできました。

今後も人と環境に優しい製品の開発および市場開拓により社会に貢献し、豊かな未来の実現を目指して歩み続けます。

 

 


 自由なアイデアをカタチにできる仕事

 

段ボールというと、茶色の箱を思い浮かべると思いますが、実は段ボールという素材は、薄さやサイズ、カラーが実に多彩です。最近は商品イメージをアピールする媒体として、あらゆる業界からのオファーが届いています。

 

中でも、当社が開発した超極薄ダンボール「マイクロフルート」は、かさばらない上に加工がしやすく、強度も十分とあって、食品、家電、ファストフードといった多彩なマーケットで使われています。

 

 

当社はその美粧段ボールの分野において、世界トップクラスの技術をもつリーディングカンパニー。将来性が豊かなこの分野で、私たちは圧倒的なトップ企業になることを目指しています。

自分で開拓したマーケットに、自分たちがプロデュースしたパッケージを流通させていく。

どんなデザイン、形状にして、どの技術を使い、どこで勝負するのか。

すべての職種において『作る喜び』を知ることができる、やりがいのある仕事が待っている会社です。

 

 


 他社に真似されても真似しない

 

「他社に真似されても真似しない」が企業理念。

『コレはイケる!』と思ったら、業界に先駆けて積極的に挑戦しています。

最近、スーパーでよく見かける「シェルフレディパッケージ」の製造に、日本で初めて取組んだのも当社でした。簡単に開封でき、そのまま陳列できる利便性の高い段ボール箱で、この商品分野でも当社はマーケットをリードしています。

 

また、環境配慮型の素材開発にも積極的です。

パーム油を搾取した後に廃棄されていた「パームヤシカサ」を、木材パルプに混ぜて再利用しているのは当社ならでは。挑戦が多い分、失敗も勿論あります。しかし、変化の激しい競争社会の中にあって、挑戦し続けなければ企業の成長はありません。

 

これからも、挑戦者としての気持ちを忘れずに、新しい価値を提案していきたいと思っています。

 


ー 企業理解2:仕事理解 <つながり図> ー

※実際に働くときに、どの職種がどの会社と関わるのかがわかります。

※クリックして画像拡大
※クリックして画像拡大

ー 企業理解3:社風・風土 ー

◆風土マッチング(評価編)※社内で評価される仕事ぶりや行動タイプ

 

 

◆風土マッチング(求める人物像編)

◯ 状況に応じて自分の能力を最大限に発揮する方法を考え、実行できる人

◯ 失敗も自己成長の機会ととらえ、諦めずに問題解決へ導くことができる人

 チームのために何ができるか考え、周囲と協力して仕事ができる人

 

普段から若手社員にチャンスと舞台を与え、権限を譲渡しているのも当社らしさのひとつです。

前向きな失敗ならいいじゃないか!というのが社風。

自分のアイデアを若いうちから生かしたい、自分と組織(チーム)の成長を実感したい!そんな人には絶好の機会が待っています。

そんな環境の中、28歳の若さで120人をまとめる事業所長や、新しい製品企画をし、社内の勉強会講師を務める入社1年目の女性社員も出ています。

✖️ 受け身な人(自ら動けない、言われたことしかできない人)

✖️他責な人(上手くいかないことを他人や環境のせいにする人)

✖️個人プレーを好む人(チームで何かを成し遂げることに興味がない人)

 

上記の3項目がある方はクラウン・パッケージとはきっと合わないです。

ミスマッチを防ぐという観点から、参考にしていただければと思います。

ー 企業情報詳細 ー

 

株式会社クラウン・パッケージ

(本社)〒485-8654

    愛知県小牧市小針三丁目67番地

売上高:409億円

社員数:1,700名

採用予定数:20名〜30名