キスコフーズ株式会社

<食品メーカー>

ー 企業理解1:事業内容 ー

 

日本の食の担い手の一つとして、さらなる美味しさの追求へ

 

 

 

創業39年、『あなたのお店のセントラルキッチン』を事業コンセプトとし、業務用のスープ、ソースの製造を行っています。

素材の選別から下拵え、手間のかかる工程作業も総て、シェフが厨房で調理するそのままを、 丁寧に工場で作って製品として届けてきました。

現在、飲食業界の人手不足は進み、仕込にかける労力は限られています。そのような状況の中で、より多くのお客様に素材を生かし、手間ひまかけた美味しさを提供できるよう、味の開発に日々の努力を惜しまず、新しい使用方法や食シーンを提案していきます。

 


 外食・中食業界を裏側から支え、料理の作り手にもお客様にも喜びを提供します。

 

五感が喜ぶ美味しさ、楽しい食シーン・・・ 人にとって「食」が担う役割は、空腹を満たし栄養を摂取するだけに留まりません。

良い素材を生かす製造、伝統的に受け継がれてきた技術、日々の試行錯誤・・・「美味しい」にはたくさんの時間や思いが詰まっています。

キスコフーズではシェフやお客様の求める「美味しさ」に応える製品を、シェフ経験のある開発担当者が日々試作を繰り返しながら、お届けします。

作り手がイメージした味を創り出すのは簡単ではありません。弊社は高いレベルの日本の味を確実に支える存在だと自負しています。 

 


 キスコフーズにしかできない、厨房工程の忠実な再現から生まれる"美味しさ"

 

シェフは求める「美味しさ」の為に、素材と向き合い、様々な調理の工夫を凝らしながら味をつくっていきます。キスコフーズでは、厨房をそのまま大きくしたような工場で、シェフの調理工程を再現しています。

「業務用」というと、効率よく大量生産した商品で製造のほとんどは機械で行う、というイメージを抱くかもしれません。

しかし、キスコフーズでは野菜のカットや、骨や肉をオーブンで焼く作業から人の手で行い、スープを煮込む釜はスタッフが焦げ付かないよう小まめにヘラで混ぜ、アクをすくい、味や温度・糖度・色味などを自らの舌と目で確かめます。

その工程はシェフが厨房で行う作業と何ら変わるところはありません。

このような製造を行うことにより、創業以来シェフからの信頼を頂き唯一無二の価値を提供しています。

 


ー 企業理解2:仕事理解 <つながり図> ー

※実際に働くときに、どの職種がどの会社と関わるのかがわかります。

※クリックして画像拡大
※クリックして画像拡大

ー 企業理解3:社風・風土 ー

◆風土マッチング(評価編)※社内で評価される仕事ぶりや行動タイプ

 

食に関わる仕事は、食を提供する側のコンセプト、価値観を理解することが大切です。様々な人の意見を聞いたり、情報を共有したりと、周囲を巻き込みながら知識をつけていく必要があります。

イメージした味を創ること、新しい食の提案も情報と価値観を共有し、試行錯誤することからしか生まれません。

また、より多くの方にキスコフーズの美味しさを提供する為に、現状維持ではなく常にチャレンジする姿勢を持つことも大切です。

 

 

◆風土マッチング(求める人物像編)

◯ 食に興味関心の高い方

◯ 「美味しさ」について考えるのが好きな方

 失敗を恐れず新しいことにチャレンジできる方

 

「食」「料理」が好きであれば、一緒に努力できると思っています。

 

ー 企業情報詳細 ー

 

キスコフーズ株式会社

(本社)〒170-0004

    東京都豊島区北大塚2-2-5 晴和ビル2階

売上高:42億9千万円(2017年3月実績)

社員数:161名

採用予定数:14名