アサヒグループ食品株式会社

<メーカー>

ー 企業理解1:事業内容 ー

「おいしさ+α」をもっと身近に 

 

食の探求により、「おいしさ+α」をお客様へお届けし、新たな生活スタイルの提案をします。

 

食品会社は食を通じて何をすることができるでしょうか?

 

ただ食品や菓子を作るだけが食品会社の仕事ではありません。人々が今、何を求め何を必要としているのか。ライフスタイルの変化やトレンドに合わせて、食を通してお客様の生活を豊かにしつつ、感動や驚きといった新たな価値提供の実現を目指す。

つまり、食品会社の仕事とは、「お客様ひとりひとりの毎日の笑顔」を育むこと、とも言えます。

 

人々の心を掴む新たな価値を生み出すために必要となるのが、他社にはない独自性です。アサヒグループ食品は、培った技術やノウハウ、知見を活かし、おいしいだけではない、おいしさに、感動や共感・暮らしのゆとり、利便性や簡便性、 機能性などの付加価値をプラスすることで、"ひとりひとりの毎日の笑顔"を育む企業を目指します。


 自社ならではのアイデアと技術で新たな価値を提供する

 

心とからだの健やかさだけでなく、おいしさに、感動や共感、暮らしのゆとり・利便性や簡便性・機能性などを商品にのせてお客様にお届けしたいという当社の付加価値創造は、なにもマーケティングや研究開発のように商品を作っているものだけの役割ではないと考えています。

商品がお客様のもとに届くまでの全てのバリューチェーン、すべての仕事、全ての部門の人が、それぞれの+αを追求していかなくてはなりません。

 

多様化するお客様のニーズは、今や“十人十色”ではなく、“十人百色”です。「美味しさにいやされたり、ホッとできる時間をつくる」「美味しさに感動してもらう」「セルフメディケーションに貢献する」「乳児の栄養補給や子育てのお手伝い」「介護する方・される方の負担軽減」、など お客様視点で商品・ブランドを作る、育てるといった当社の思いを軸として商品開発を行っています。


 商品開発力 技術力 人材 の3つが強み 

 

当社は、『ミンティア』をはじめ、お客様に長年ご愛用いただいているロングセラーブランドを数多く扱っています。

お客様のニーズは時と共に変化していきますが、その時代のニーズを的確にとらえ、時代に合った形で商品化する商品開発力とそれを実現する技術力により、これまでにない価値創造をし、お客様から高い満足度を得ることができていると自負しています。 

 

また、当社は2015年にアサヒグループ内の食品事業を行っていた3つの会社が統合してできた、多様な人材が集まった会社です。

今まで、それぞれの会社でお菓子、ベビーフード、フリーズドライ食品、と全く違うジャンルのものを扱っていた人たちが合わさったという点や、グループ内にも目を向けると、ビール、飲料、なご様々なバックボーン、異なる強みをもつ社員がいるので、その人たちが関わり、新しい価値を提供する、生み出すという環境・土台があることも強みです。


ー 企業理解2:仕事理解 <つながり図> ー

※実際に働くときに、どの職種がどの会社と関わるのかがわかります。

※クリックして画像拡大
※クリックして画像拡大

ー 企業理解3:社風・風土 ー

◆風土マッチング(評価編)※社内で評価される仕事ぶりや行動タイプ

私たちは「社員の成長が、会社の成長につながる」と考えています。

企業にとって最も大事な資産は人材であり、人材のレベルが企業としてのレベルを決めるためです。

人が成長をするのは、今の自分にとって少し難しいことにチャレンジをした時。

困難な課題に対し、「自ら考え、自ら行動する」経験をした人は成長します。

また、多様な意見を尊重しながら、教えることによる成長、教えてもらったことを次に伝えていく「育ち育てる」風土も重要視しています。

◆風土マッチング(求める人物像編)

◯ 好奇心とチャレンジ精神が旺盛な方

◯ チームワークを重視して行動する方

◯ 目標達成に向け地道に努力する方

 

求める人材像は「自ら考え、自ら行動する自立型、挑戦型の人材」です。

当社では、若い社員にも責任ある仕事を任せ、挑戦する機会を提供する事で、それぞれの「チャレンジ精神」「夢」「成長意欲」を応援しています。グループ内の人材交流等も活発化している今、次世代を担う若い人達には、ベンチャー精神をもって、自らの頭で考え、主体的に行動する事で、社会や生活者の感動や喜びにつながる仕事をしてほしいと考えています。

ー 企業情報詳細 ー

アサヒグループ食品株式会社

(本社)〒150-0022

    東京都渋谷区恵比寿南2-4-1

売上高:約1,224億円(2016年12月期)

社員数:約1,200名

採用予定数:20名程度