製薬・医療産業は人の健康に関わるので社会貢献度が高い産業と言われています。

私達が医薬に関わり健康でいられるために、どんな業種が関わっているのかを知っておきましょう!

メーカーが新薬や医療機器を作り、それを製薬卸がとりまとめ、病院やドラッグストアに販売、配送しています。

製薬・医療と言っても、それを取り扱うのはメーカーだけではありません。

社会貢献度が高いとはいえ、ボランティアではなくビジネスとして自分がどの立ち位置で製薬医療に携わりたいのか産業全体の流れを知ったうえで考えましょう。

製薬医療業界の中のつながりが理解できたら、次にその中で具体的に各職種が業界全体の中でどんな役割をしているのか理解しましょう!

例えば、製薬医療業界の営業はMRやMSといったプロフェッショナルとして営業担当が存在しています。

MRやMSの違いや、医療機器メーカーの営業の場合が誰とやりとりしているのかなど、生活者、患者視点のイメージではなく、実際に働くときに誰とやりとりしてどんな仕事があるのか理解しましょう。自分が働くときのリアルなイメージを持っていないと、選考を受けるときに業界、会社のことを全然わかっていないと思われてしまいます。

アストラゼネカ株式会社

シオノギ製薬

第一三共株式会社

大正製薬グループ

(大正製薬・大正富山医薬品)

株式会社東海メディカルプロダクツ



日本光電工業株式会社

パラマウントベッド株式会社

東芝メディカルシステムズ株式会社

富士製薬工業株式会社

栄研化学株式会社



株式会社ナリス化粧品

アトムメディカル株式会社

アルフレッサ株式会社

日本調剤株式会社

株式会社PALTAC


Siemens Healthineers

(シーメンスヘルスケア・シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス)

株式会社トプコン

 

株式会社竹虎

株式会社ツムラ

 

エイツーヘルスケア株式会社(伊藤忠グループ)


JCRファーマ株式会社

 

株式会社スズケン