株式会社LIXIL

 

<設備メーカー>

ー 企業理解1:事業内容 ー

住まいと暮らしの総合住生活企業として、住生活産業のグローバルリーダーを目指します

 

2011年 トステム・INAX・新日軽・サンウエーブ工業・東洋エクステリアの5社が統合して誕生した『住まいと暮らしの総合住生活企業』LIXIL。戸建住宅の他、マンション・オフィス・商業施設向けまで、多岐にわたる建材・設備機器と幅広い住関連サービスを提供する国内最大級の総合住生活企業です。我々が目指す『快適な住生活の提供』は、日本国内に限りません。文化・風習の異なる諸外国においても、日本国内で築いてきた実績を活かしながら、『人の暮らしに欠かせないLIXIL』となるべくブランドの存在意義を浸透させていきます。また国内市場においても、ブランドへの信頼を高めながら、ダントツのNO.1を目指した取り組みを展開しています。従来の会社のフレームを超えた住宅総合ソリューションの提供を目指し、生活者視点に立ったイノベーションを推進することで、お客さま一人ひとりの”Good Living”を実現していきます。

優れた製品とサービスを通じて、世界中の人びとの豊かで快適な住生活の未来に貢献する

 

『私たちは優れた製品とサービスを通じて、世界中の人びとの豊かで快適な住生活の未来に貢献します』という企業理念の下、『Work with Respect』『Deliver on Commitment』『Embrace Quality』『Inspire Passion』『Pursue Growth』という5つのLIXIL VALUESを実践しながら、社会における存在意義を示していきたいと考えています。しかし人びとのより良い生活を実現するための答えは1つではありません。それら1つ1つを実現するために何をし、どんな新しい価値をお届け出来るのか?そのためにメーカーならではの専門性と強みを最大限に活かし、幅広い商品とサービスを融合した住宅総合ソリューションを提供することが、新しい住環境の文化を創造するための答えに繋がると考えています。単なる事業会社の統合という枠を超え、未来創造への挑戦を続けています。

家1棟分を全て網羅出来る幅広い商品群とサービスを融合させたトータルソリューション

 

窓まわり、水まわり設備を筆頭に、家1棟分の商材を取り揃えられる幅広い商品バリエーションに加え、それらの商材の色調・デザインを統一して提供が出来るため、同色商材の組み合わせにより、調和した住空間の提案が可能となります。また住宅メーカー様・工務店様に対する総合窓口として、幅広い商品群という特長を活かし、全ての製品に関して製造から納品までの行程を徹底的に管理できるというワンストップのサービス提供もLIXILならではの強みです。我々は『住』に特化した企業として、他の企業よりも先に新しいサービスを提供し、いち早く市場のニーズに対応していくことをモットーとしています。新たな視点でものごとを考えていくことは、社会の発展・企業の発展にとって必要不可欠であるがゆえ、ただ製品を扱うのではなく、衣・食・住の『住』を総体的に考え、住まいのあらゆる『モノ』や『コト』 を、1人ひとりの生活者に合わせて提供しています。

ー 企業理解2:仕事理解 <つながり図> ー

※実際に働くときに、どの職種がどの会社と関わるのかがわかります。

※クリックして画像拡大
※クリックして画像拡大

ここに紹介した各々の業種に関わるLIXIL社員の職種は、代表的な職種を記載したものにすぎません。例えば大学の新校舎の物件受注を行うためには、人事部の採用部門と営業部門がコラボレーションするなど、物件の種類により社内各部署が社外企業・法人と持つ繋がりやパイプなどをうまく活用しながら、全社を挙げて物件獲得のために協働していきます。

 

ー 企業理解3:社風・風土 ー

◆風土マッチング(評価編)※社内で評価される仕事ぶりや行動タイプ

5社統合した会社がゆえ、様々な企業文化をベースにした社員同士が互いに刺激し合い、新しいものの創造に繋がっています。当然ながら周囲の人と協働し、互いを尊重してチームで仕事をしていくことが求められます。また、未だ『住生活産業のグローバルリーダー』になった企業は存在しません。前人未踏の世界に挑戦していく以上、社員1人1人が考え、主役として行動する必要があるのは言うまでもありません。失敗を恐れず挑戦し続けることで、世の中にない新たな価値を創造・提供していけると考えています。

◆風土マッチング(求める人物像編)

◯  目標達成への熱意とあくなき向上心を持ち、挑戦し続けられる人

◯ オープンで率直なコミュニケーションが出来る人

◯ お客様の目線で物事が考えられ、誠実に行動出来る人

 

常に成長し続けるために良い意味で現状を否定し、失敗を恐れず挑戦し続けることは勿論のこと、掲げた目標に対し、何としても達成するという強い思いがベースにない限り、新たな価値を創造することは出来ません。また、チームの力を結集し大きな力に変えるには互いに尊重し合いながら協働することも大切です。『失敗』には寛大な会社ですが、『反則』に対しては非常に厳しい文化がゆえ、誠実に行動することも大切な要素となります。

◯ 強い思いと熱意を持たず、自ら考えて行動しない人・出来ない人

◯ 現状維持を良しとする考え方で、新たな世界に飛び込むことにワクワク出来ない人

自分中心な考え方でチームで何かを成し遂げることが苦手な人

 

仕事を進めるにあたり、前進すべき『方向』は指示されますが、個々の考え方を尊重するためにも、『方法』は細かく指示されません。如何に進めていくかを自身で考え、行動していくことを求められます。『敷かれたレールの上を安全に走る』ことだけを求めるのではなく、『自らレールを敷きつめる』ことにワクワクしながら、やりがいを見出せる人と一緒に働きたいと思います。ミスマッチ防止の観点から参考にして頂ければと思います。

ー 企業情報詳細 ー

株式会社LIXIL

(本社)〒100-6036
     東京都千代田区霞が関三丁目2番5号 霞が関ビルディング36階

売上高:1兆7,864億円(2017年3月連結)

社員数:14,527名(単独・2017年3月末)

採用予定数:未定