企業のつながりを見ると・・

・誰(企業)とどんなやりとりをしているのか見えてくる

・今まで見えてこなかったところが見えてくる(消費者視点からビジネス視点へ)

 

産業のつながりや職種のつながりを理解したら、その業界内で働くイメージがなんとなく湧いてきていると思います。

その”つながり”を企業理解するときにも意識してみてください。

 

会社を中心として、その中で働く人が誰とどんなやりとりをしているのかを知ることで、今度はより具体的にその会社に入ったときに働くイメージを持つことが出来ます。

 

tsuna就の企業情報ページでは、各社の”つながり図”を掲載しています。

ぜひ企業理解の参考にしてみてください。

例えば・・

食品業界の企業の場合は、こんな”つながり図”になります。企業ごとにどこから材料や商品を仕入れて、誰がお客さんになるのかが図を通して理解することが出来ます。企業ごとに比較をすることで、同じ業種内での共通点や、各社の個性、特長も見えてきます。

<食品メーカーの場合>

<食品卸の場合>

<食品小売の場合>




※各業界ページへ